スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫を拾う

8月16日、千葉にお墓参りに行きました。
お盆で、沢山人が来ている中、お墓のゴミを燃やすところで、子猫の鳴き声がしました。
ふくひなママのおばあちゃんの家で、昔猫が子供を産んだりしていたので、その声がとっても小さい子だなと感じました。
どこにいるのか探すと、娘が手のひらに入ってしまうくらいの小さな子猫を拾い上げました。
お盆で人が沢山いるのに、誰も、手を差し伸べてくれなかったのか・・・・お坊さんも、その日は忙しそうだし、一体どうすればいいんだろうと思いました。

そして、近くに、もう一匹が口から血を流して亡くなっているのを見て、ふくひなママなんて、酷いことをするんだろうと涙があふれてしまいました。
カラスなのか、小さすぎて誰かが間違えて踏んでしまったものか?

ふくひなパパは車を出して、ネコ用のミルクと哺乳瓶を買ってきました。

帰りの長い道のり、子猫を抱きながら車で帰ってきました。
まだ一人で生きられないだろうし、目があいたばかりだと思います。

家に帰ると、くうちゃんが、可愛がって、べたべたになるまで舐めて、生まれたてのにゃん子みたいにベタベタになりました。
053_convert_20140824162530.jpg



ミルクは家族で、くうちゃんが、お尻をなめて下の世話をしてくれます。
でも、子育てのの大変さを知っているくうちゃんは、ときどき泣くとお乳も吸わせてくれるけど、全部は見ないよって感じなところが、面白いです。
061_convert_20140824162720.jpg


8月23日、病院に連れていくと、この子は生まれて2週間とのこと。
女の子で、すこしふさふさしてきているので、聞いてみたら、何か外国の猫が混ざっているね。っていう事でした。
059_convert_20140824162849.jpg
犬と人間を親代わりにして、この子は自分を猫だと思わないで育つことでしょう。
元気に大きくなってくれることが一番です。

そして、不幸な子猫を増やさないために、ちゃんと避妊手術をすることを、あたりまえにしてほしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

フレンチが子猫を育てるって、すごいことです。種類でなく、誰が見ても、小さな命、世話が必要って、わかるんですね。じーんとしました。ママさんと、ご主人の優しさにも感動しています。 私、渡米前に、クローバーで、ご主人とお会いした者で、2頭のフレンチの飼い主です。ブログ定期的に拝見していますので、アップお願いします!

ジャスミン&ファラオのママ

コメントありがとうございます。
ヒューストンから見ていただいてるなんて感激です!!
先日我が家の6匹+ニャンは、クローバーで、健康診断と、予防接種で大騒ぎでした(笑)アメリカで生活かっこいいです。頑張ってください。
FC2カウンター
プロフィール

ふくひなママ

Author:ふくひなママ
ボクの名前はふくちゃん
2007年12月24日うまれ
奈良から飛行機でやってきました。

2008年10月13日よりひなちゃんが加わりました。
2008年6月4日うまれ
京都からやってきましたクリームの女の子です

2010年10月23日 ふくちゃんとひなちゃんの一人娘クウちゃんが誕生しました。

2012年4月15日 クウちゃんに3匹の赤ちゃんが誕生

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。